嵐コン童貞を卒業したい

 

 

 

ついにこの時が来ましたね。

 

ARASHI anniversary Tour 2018-2019

 

札幌 11/16〜18 

福岡 11/30〜12/2 

東京 12/7〜9  12/23〜25

名古屋 12/14〜16

大阪 2019 1/11〜13

 

ほう。

今年も相葉さんの誕生日公演があるんですね。

 

・・・うわ〜どこ申し込もう!?ツイッターで札幌取りやすいって教えて貰ったし札幌いっとこうかな??

近いのは京セラだけど年明けならもう相葉さんドラマ終わっちゃってるからな〜相葉さんの生番宣聞きたい。

ツアーってまだネタバレ出てない最初の方の公演行くのも完成された終盤の公演行くのもどっちも良さあるよね・・・

ちなみに当たりさえすれば会場はどこでもいい。

ここまで来たら私は何も迷わない。

 

さて、過去の記事も読んでくれた方はファミリークラブのこと気になってるかもしれないんですが

先週入りました!!!!

厳密に言うともうちょっと前に登録?して、先週カード届きました!!!

嵐会見てて、ワクワクの楽屋でUBの計画練ってたって話してたからもし例年通りならそろそろだな、と思って。

いや〜あんな簡単に入れるなんて知らなかったよ。

ネットバンキングってめちゃ便利。

そしてこれが日本最大規模の会員数を誇る(多分)嵐さんにも当てはまるかどうか分からないんですが、私が過去入会したファンクラブってもれなく初年度が1番いい席当たるんだよね。

期待してる。期待しかしてない。

 

さて、最近はお絵かきとW杯に夢中で長文あんまり書いてなかったけどuntitledもAre you happy?も全部見た。

どちらも素晴らしかった。

私は20周年コンは来年だと思ってたので、お祭り騒ぎはそのときまでとっておいて今年はまた何かしらのテーマがあるアルバムツアーかなと思ってたけど最大規模で盛大にいくとは・・・ファンの予想を裏切るのがお得意ですね!(?)

しかもand moreって!

行ったことないところも回るんだろうけど嵐さん規模で他どこ行くの?アリーナとか?ホール?

沖縄で野外とかいいな〜モンパチがやってるWWW!の会場あるし。

untitledの夜の影がかっこよすぎて、次のアルバムでは相葉さんにも色っぽい曲で踊ってほしいなーって思ってたけどもうなんでもいいわ!好きな曲やって!

 

JUGEMテーマ:ジャニーズ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:相葉雅紀

 

 

神楽坂より愛を込めて

 

祝☆ドラマ決定〜!!!

 

去年の4月期だったから今年はお休みで2019年1月期くらいあったらいいなーと思ってたら意外と早かったー!
 縁のあるテレ朝さんと思い出の枠で!ありがとうございます!

 

しかしあれだね、10月期を今撮るって去年の翔くんパターンだから真夏に長袖だね!
 原作を全く知らないのでどんな話か分からないけど外のシーン多かったら大変だわ。
 甲子園始まるまでにひと段落つけるのかな?
 熱中症などなど気をつけて頑張ってほしいものです・・・!

 

しかし、とっても嬉しいしもちろん見るということを前提に最初で最後のわがままを言いたい。

 

クズな男やってほしかった〜!


心温まるヒューマンドラマ?やったことあるある!
見た目もナチュサボンさんだし!みたことあるある!

 私がメガネ萌えしない性質だからビジュアルでテンション上がらなかったのはしょうがないとして、動物好きのお人好しって相葉くんそのものでは・・・?相葉くんが相葉くんを演じるようなものでは・・・?

じゃあ志村どうぶつ園で十分なのよ、あの人素で優しいしかっこいいから!!!


まったく別人になれるのがドラマなんだし、殺人鬼なんて極端なこと言わないからヤカンでお湯も沸かせないようなどうしよもない男とか(おっさんずラブの影響)、深夜枠らしくカジノのディーラーとか(コンフィデンスマンJPの影響)みたかった〜!

 

柄シャツ着てビーサン履いて屋上でタバコふかしてほしかった〜!(ただの性癖)

 

あれだけ2018年も役者のお仕事待ってます!って言ってたくせに決まったら決まったで文句とはけしからんって意見もあると思うけど、これで最後にするのでゆるしてください・・・。
もちろん見る。関西は放送時間遅いから飲んで帰ってもリアルタイムできる。
3つも番宣できるものあるんだからナイトスクープ来てね。さわべもいるから安心してね。

 


ところで。


2018年に入って良いドラマが何作か出てアンチフジが落ちついてきたと思ったら他局で決まるんだから世知辛いとおもった。
考えすぎとでも過保護とでもなんとでもいってくれ。
細工されてると思ってるよ、わたし。
フジってだけでチャンネル合わせてくれない過激なアンチがわりとたくさんいたとかなんとか?
演技派のにのちゃんが局が原因で黒歴史なんて言われる視聴率叩きだしたら大変だよねえ、とか。

 

ちなみに2013年からの5年間、フジで連ドラやったのは3人。
翔くん   
家族ゲーム(2013)
潤くん   失恋ショコラティエ(2014)
相葉くん   
ラストホープ(2013)
               ようこそ我が家へ(2015)
               貴族探偵(2017)

 

めちゃめちゃ偏ってない?

 

相葉さんの人気があれば!逆境なんて!!って思ってもらえたのは素直に嬉しいけど、もし数字悪くてもバラエティのイメージ強いからそんなにダメージにならないし大丈夫だと思ってるとか・・・ないよね?
考えすぎかい?
今年の嵐ツボで「翔ちゃんが仕事断ってんの見たことない」って話してた時、じゃあ他のメンバーは断ることあるんだ!って思ったけどさ、相葉さんも相当だと思うな。
今となっては人気の差はそれほどないはずだからオファーの数もそんな変わらないと思うんだけど・・・。

まあ2人とも目立った趣味とかないみたいだし仕事のストレス仕事で発散タイプな感じするから嫌々やってるなんてことは少しも思わないけどね!?


仕事に溺れてる状態を快く受け入れてる人はワーカホリックじゃなくてワーク・エンゲージメントっていうんですって。
 仕事と両想い。いい言葉だ(なんだそれ)

 

 

JUGEMテーマ:ジャニーズ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:相葉雅紀

在宅をこじらせた女の話

 

ジャニオタ界隈でも同じ表現をするのかどうか分からないけど、ライブや番協、握手会等のイベントに行かないファンのことを在宅組と呼ぶらしい(ハロプロ好きの子から聞いた)

 

ありがたいことに私の推しはテレビ露出が多いから改編期でもなければ1週間に5回くらいそれぞれ違ったアプローチの供給があって枯渇することはほとんどないし、むしろリアルタイムを追い切れないこともあるくらいで毎日本当に幸せです。いっぱい働いてくれてありがとう相葉さん。

 

でもやっぱり歌って踊る相葉さんが1番キラキラしてるなあって思うし、せっかく同じ時代の同じ次元に生まれたのに画面越しとか編集・修正された姿しか知らないのはもったいなくない?

このままじゃ私の中で相葉さんは二次元みたいなもんだよ?それでいいの?

 

いや、よくない。

 

と、オタク復帰してからの8ヶ月でより強く思うようになって、もちろん本物が見たいって気持ちは昔からあったし毎年ツアーが発表される度に来年こそは絶対行く!って燃えてたはずなんだけど1回も申し込んだこと無い上にファンクラブも入ったことないのを猛烈に恥じてる。

そもそもファンクラブ(ファミリークラブ?)入らないとチケット取れないなんて思わなかった。

考えが甘すぎて溶かしてほしい。

 

私が嵐と平行して投資してるその他音楽のライブとかフェスは特にハードルと感じることなく欲望のまま行くのに、なぜ嵐に関してだけ在宅に甘んじてたのか改めて考えてみたんだけど、

小学生・・・遠い世界すぎてコンサートに行くなんてこと思いつかなかった。

中学生・・・部活の休みが年3日で、夏コンの時期はちょうど大会だった(How's〜のとき友達のお姉ちゃんがチケット余って困ってるから一緒に行かない?て誘ってくれたのに無駄に勝ち進んで行けなかった)

高校生・・・部活とバイトばっかりしてたのと、突然人気になった嵐に萎縮した。

 

その後、進学と共に地元を離れてライブとかコンサートがより身近にはなったんだけど、最初に行った会場がZeppで、バンドのライブって公演数も先行も多くてどんな人気バンドでもどこかしら取れちゃうんだよね、だから日本全国いろいろ行っちゃうよね・・・。

 

そんな生活の中で形成されたのはキャパ2500人くらいのライブハウスはやっぱ広い!人気あるバンド!!で、1600人くらいのところが適度に賑やかさもスペースもあって最高!な感覚の私がドームなんてついて行ける・・・?

 

たまーに行くホール(キャパ15000人くらい)で銀テープ飛んでたりモニターあるだけで物珍しくてはしゃぐのに、嵐さんって会場によっては水とか火とか出すんでしょ?テープどころか本人が頭上飛んだりするんでしょ?みたいに、とにかくビビってる。

まず一度に5万人も見たことない。え、双眼鏡?ライブってチケットとコインだけポケットに入れてあとの手荷物はロッカーでしょ?

 

ただただビビってる。

 

その結果、小学生の頃から思い焦がれた人を初めて見た感想が「米粒だった・・・」になるくらいなら憧れのまま死んでいくのが幸せなんじゃないかと思い始める。

これが無駄に在宅をこじらせた女の末路です。

 

しかし、在宅らしく数年ぶりに真剣に昔のコンサート映像見たり、ついに買ったあゆはぴ見てたら嵐から遠ざかった5年間、国内外問わないアーティストのライブやミュージカルや舞台を見たからこそ気付いたことがある。

 

嵐のコンサートってもしかして日本で1番贅沢なエンターテイメントかも。

 

以前とあるバンドがものすごく音響にこだわったライブっていうのを東京と大阪の2公演だけやってて、MCのときにやればやるだけ赤字だって話してたのを思い出して気になった。嵐って採算とれてんの・・・?

 

あの2000何インチのLEDビジョンとか、格子状の上下するステージとか、メリーゴーランドみたいな乗り物とか、あれ全部札幌から福岡まで日本縦断してるんだよね?

何着も着替えるしジュニアくんたちもいっぱいいるしバンドもいて、3ヶ月の間に15〜20回しかやらなくて、毎年テーマが変わるから翌年は使えないものばっかり。

衣装は後輩君がお下がり着てたりするけどステージのお下がりって今もやってるのかな?

他に日本のどこにまあだいたい1万円で「どこでも見たことないもの」を見せてくれる2時間のショーをする団体がいるのか。

しかもたったの20回しか公演ないのに。

 

と、いうことでついに私、一歩踏み出します。

 

まずファミリークラブ入る。

スタートラインに立たなければ。

申し込んだからって必ず当たるもんじゃないのよ。

プロ野球のオールスターゲームと一緒。(当たったことない)

 

そう、私は良質なエンターテイメントショーが見たいんだから、たとえ遠くて嵐が米粒でもかまわない。

行けるだけでとんでもない奇跡で、常に全体を見渡せる有り難みを感じに行く。

と、色々言い聞かせながらまず5000円用意しようと思う。

 

 

JUGEMテーマ:ジャニーズ 

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:相葉雅紀

 

 

 

言葉は分からなくても声は届く

(犬の十戒より)

 

週末は櫻葉マナブのこと書こーと思いながら1週間過ごしてきたわけですが、昨日の志村どうぶつ園があまりにも良すぎて激しい動悸がするのでとりあえず落ち着かせて。

 

昨日の相葉さんの新企画は多頭飼育崩壊に正しく向き合ってたと思う・・・!

 

最初の2頭からどんどん繁殖して70頭まで増えていったおじいさん、相葉さん一言も責めるようなこと言わなかった上に捨てられていく犬も受け入れてたんだ、って方向に持って行けるの本当にすごい。

猫に比べて野良が少ないから犬の多頭飼育崩壊はブリーダーの場合が多いみたいだからこのおじいさんのパターンはわりとまれな例だと思うんだけど、もちろん管理能力の問題もあったけど原因は1つじゃなくて、モザイクかかってたけど近くに住む人はきっと場所が特定できるからちゃんと理由を明らかにしたことで本人は亡くなってるにしても余計な恨みを買わずに済んだかな、とか余計な気までまわしちゃった。

 

業者が山に捨てていくって話も、普段は子犬とか子猫をたくさん扱ってペットを推奨するような番組内容だから立場上ペットショップとかブリーダーを否定するわけにはいかないのが難しいところで、動物と暮らすって楽しいこともたくさんあるけど中途半端な気持ちじゃ飼えないよ、みたいな言われるだけじゃ本当の意味で理解できないことが多いから「自分にできることはなんでもしたい」っていう手段の伝え方にしたのかなって。

犬の触り方も、友好的な子はどんどん撫で回したり、大人しい子には手の匂い嗅がせて安心させてから眉間をなでなでしたり(犬はここ触られるの好き)距離の取り方がさすが動物キャラのお兄さんで頼もしかった、ほんとに。

グルーミングも本当に楽しそうに笑顔でやってて、ちょっと間違えたら暗い話に目を背けたくなる人もいたかもしれない内容をシンプルに新米☆トリマーのお兄さん!みたいな明るさと優しさでこなすからピンクのエプロンとかパーカー腕まくりとかただただ相葉さんのかっこよさに目行きかけたわ。

 

なんかね、まあツイッターにも書いたんだけど14年もレギュラーしてて、最初の頃みたいな猛獣ロケは事務所的にももうちょっと・・・てところはあるだろうし動物楽しませる企画も何回もやってきた、ってときに始まった新企画がこれっていうのが私はもうたまらなかった。

志村どうぶつ園のターゲット層ってたぶん動物好きな子供で、あの手の番組って大人からは賛否両論ある気がするんだけど少なくとも『動物に興味がある』人が見るからこそ知らなきゃいけない現実と、それに関わるボランティアの存在はもっと正しく広く知られるべきだと思うし、しかもそれを任命されたのが人にも動物にも丁寧で優しい相葉さんっていうのが最強だと思う。

万が一、相葉さんの持ち込み企画だとしたらもっとすごい。

 

ちなみに私も実家にいるわんこは保護施設から貰ってきた子です。

なんでこんなにこの企画に感動してるかって、相葉さんが実際に現場に行って頭を撫でたりグルーミングしたりワクチン打ってることを確認してくれたことで保護施設に偏見を持たずにむしろ選択肢に入れる人が増えるかもしれないと思うんだよね。

子犬といえばペットショップでショーケースに入ってるのに見慣れてた私は最初はあの雑多な空間にちょっと衝撃を受けたけど、犬自体はいい子だし元気だしなにより可愛くて、何者かもわからないミックスだからお店じゃまず出会えなかったなって大満足してる。

いろんな団体があって、過激だったりなんか問題も少なくないみたいだから下調べも必要かもしれないけど、しっかり適切な処置を受けてる子で犬種にこだわらないならいいんじゃないかなあと個人的には思うわけです。

 

ニュースみたいに取材して「こんなひどい現実があるんですよ!」で終わりじゃ無くて、かわいそう、動物に罪は無いのに・・・ってまあそれはそうなんだけど、なってしまった事をどうするかっていう未来に繋がる、動物番組が取り扱う意味がある内容でほんとよかった。

相葉さん、これからも頑張って!

 

JUGEMテーマ:ジャニーズ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:相葉雅紀

JUGEMテーマ:わんこ

 

 

貴族探偵ぜんぶ見た

 

 

昨年の秋から細々とやってるツイッターで、今まで1番反応が大きかった(当社比)のが貴族探偵に関するツイートです。

 

ドラマ見てたし原作ファンにも高評価っていうのはネットニュースとかで見て知ってたんだけど、放送当時まだオタク復帰していなくて元葉担くらいの気持ちだった私はそんなに深く内容を理解しながら見てたわけじゃなかったので、初回放送1周年に便乗してただ御前のビジュアルを褒め称えただけのツイートをしてしまったにも関わらずフォロワーの人数を超える反応を頂いて貴族探偵人気を初めてリアルタイムで体験した。

 

もともと橋本環奈ちゃんがVSに来たとき「3話ゲストだった…」ってツイートを見て、あれ?2話じゃなかった?という疑問から2話の『加速度円舞曲』を見てないことが発覚したのでいつか一気見しようとは思ってたんだけど、1周年記念の盛り上がりを見てGWに決行することにしたのでした。

 

とりあえず言えることは一気見には向いてなかった・・・!(小声)

 

 ミステリドラマって1つの事件に謎の数が多いんだね。

読書といえばミステリ小説!という父親の元、はやみねかおるを読んで育ったタイプの人間なんだけど大人になって考える系の職に就いてしまったから家ではとにかく頭を使わない方向に逃げてたのでそんなぬるい人間は置いていかれた。

本だったら理解しながら進められるけどドラマだとそうはいかないからティーカップの色!?なんだっけ、雨!?何時から降ってたっけ、星座!?!?みたいにあたふたする(圧倒的に頭が悪い)

 

個人的に人から本とか映画のお勧めを聞かれときポイントにしてるのが「読む(見る)ことを楽しみたい」のか、「読んで(見て)考えることを楽しみたい」のかなんだけど、それによって面白いと感じるものが全然違うんだよね。

 

このドラマ、日常的に頭を使う娯楽に親しんでない人にはハードル高いけど、逆の人からしたらたまらない傑作だったんだろうなと感じた。

 

素晴らしさが1回で分かる人が羨ましい・・・

 

数多くの名作がある刑事ドラマに対して1話完結のミステリドラマでヒットしたものってTRICKとか古畑任三郎とか時効警察あたりかなーと思うんだけど、TRICKと時効警察はもともと深夜ドラマだし、古畑任三郎も当時の最高視聴率(家なき子)が37%っていう時代のなか第1シリーズの最高は16%だったのに2年後に34%を記録してるので『ファンが盛り上がってる』からスタートして評価を上げていってるパターンが多いことに気付いた。

 

貴族探偵も月9じゃなければ風評被害を受けることなくミステリファン界隈で話題になって、そのうち噂を聞いたドラマファンが乗っかる図式が生まれたかもしれないので惜しいなあと思う他ないわ。

でも月9じゃなければ葉担的見所である抜群のスタイルを生かしたオーダーメイドの衣装とか、実際には見たことない貴族の世界への妄想をひとつもがっかりさせない豪華なセットとか、毎回容疑者4人くらいいるっていう大勢のキャストが叶わなかったんだから原作ファンの方と一緒に楽しめたのは予算がたくさんあったおかげでもあるなあと思ったり。

 

相葉さんに関しては本当に見たことない表情がいっぱいあったしこんな話し方できるんだ、とか声出るんだって驚き倒した。

4話の「浴衣美人を愛でることができるのは日本人の特権だ」と、最終話の「またどこかでお会いするときがあればその時は楽しませてくださいね」は鬼リピート。

 

すごく気怠そうっていうか余裕があって、ラジオなんかではそうゆう話し方することあるし、昔auのCMでリーダーからの電話に「どうしたの?さっきまで一緒にだったじゃん」からの「いけなかないけど…」の感じが死ぬほど好きだったから何でこれがドラマで出ないの!?って思ってたけど今まで出せる役がなかったんだと気付いたよ。

 

本来のんびりふわふわした感じで柔らかく話す人だからそうゆう役だと葉担はときめくよね。私の好きな…!相葉さんだ…!みたいな。

 

あと髪型。このドラマなければ絶対こんなにカチッとした黒髪を見る機会なかったはずだし、この髪型だったから未満都市で一級建築士なんて頭良さそうな役頂いて爆イケスーツが見れたと思うと・・・

個人的にはJUMPくんが来たときのVSあたりのセットと長さが2017年度通してナンバーワン。

 

ちなみに鑑識の女の子が佐藤さんにときめいてるのも同じ気持ちでみてました。

滝藤さんゴールデンスランバーと半沢直樹のイメージ強すぎてこんなにかっこいいと思わなかったわ。御前の貴族にだけハマる動物例えが大好きな佐藤さんが大好き。

 

と、いうことでとってもよく構成された完成度の高い作品だと実感しました。

このままファンが愛し続けたらそのうち続篇ないかなあ。

連ドラではミステリーってあんまりないけど2時間ドラマには多いからそれくらいの時間でまとめるのが向いてるんだと思うんだよね。

多少予算が落ちてもコンセプトさえ崩れなけばみんな見るから!ぜひ!

 

JUGEMテーマ:ジャニーズ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:相葉雅紀

 

俺(達)の千葉で翔ちゃんをおもてなし2018

 

葉坦界隈を震撼させる事件が本人自らのリークによって明らかになりましたね・・・。
番組が始まる前から(!)相葉くんの冠バラエティーにゲスト出演したい。ロケに出たい。と発言していた櫻井氏。


新旧甘やかし対決(別に旧ではない)1時間SP。しかも千葉。名作の予感しかない。

webでネタバレしちゃって消されてるの、もーそんな楽しかったん!?よかったねえ!!って破顔だよ。
 20代の頃に嵐ちゃんとか宿題くんで度々現れたちょっと残念な部分が垣間見えた。

 

にのの回も良かったんだけど、ゲストっていう立場と渡部さんと澤部さんがいることによってコンサートMCとかVSで見せる距離とは違う若干の遠慮みたいな何かを感じたよね?私は思ったよ、いつもと違うじゃん!よそ行きの顔しやがって!と!!
しかし予告の翔くんインタビューで3人仲良しすぎてついていけなかった的なこと言ってたわりに他の人置き去りでタケノコ掘ってたしめっちゃ笑顔で盛り上がってたよね?そうゆうとこ本当好き。

 

ウェブニュースに掲載されたインタビューにも震えた。


伝説となった俺千葉のときに櫻井と相葉はプライベートで2人っきりの経験なしっていうテロップに「あれ?2人で六本木に買い物行ったって言ってなかった?」とか「仕事終わってからご飯行った話は?」とか疑問を抱きつつ、誕生日パーティーの件や新郎をお父さんと間違えちゃった話からしても『共通の多分芸能人じゃない友人』がいるのは確実だから、まあそうゆうことにしてたのに。

 

VSでのご飯屋さんでお土産くれるって言ったりとかさ、翔くんちのキッチン料理しないからキレイとかさ、2人でご飯行ったとかさ、7年前のおもてなし企画で未だに癒されてる私としてはプライベート情報急にそんなにアップデートされたらびっくりするのよ。
しかもご飯屋さんのお土産って私が知ってる限り安くても3000円前後するから大勢の食事会ではさすがにしないでしょ?


その理由が家で待ってる女性がいるとか、そういうのはどうでもいいの


メンバーの関係性が20周年を目前にした今でも変わらず、ときどき進化してるのが知れて嬉しい。
先輩方の解散とか、青春を共にした同志の退所とか、そういうことがあるたびに思う。
仲がいい嵐が好きだけど、無理して仲良くしてるのを見て勘違いしてるなら悲しい。

 

ところでオトノハで人柄とか気配りをベタ褒めしてたのを読んで昨年末の雑誌でメンバーが「相葉くんは空気を作る人」って話してたの思い出した。
残念ながら翔くんはそのインタビューにはぜんっぜん違うこと言ってたんだけど、他の3人は見事にみんないい雰囲気とか明るい空気を作る人って回答してて、ムードメーカーって聞くと率先して引っ張ったり冗談言って場を和ませるような人をイメージしてたけどこういう形もあるんだな、と。
台本覚えて歌覚えて振り覚えて、 毎日忙しく働いてる彼らからしたら「穏やかな空気」が何より心地いいってことなんだろうな。穏やかな頑張り屋さんって最高。理想の息子。(あれ、なんか聞いたことある)

 

昨年末ののんのもそうですよ、気付いた瞬間震えたんだけど、今年1番思い出に残ってる回に全員相葉さんと行ったやつ選んでる。


まあここでも翔くんは企画の都合上選べなかったけど、間違いなく誕生日会を挙げてたはず。
何をするかより誰とするかが大切ってよく聞くけど、たしかに同じ体験でも誰と一緒にするかによって印象は全然変わると思うから相葉さんが作るいい雰囲気の中で行われた取材そのものが楽しい思い出になったんだと解釈した時に私は
胸っていうか顔が熱くなった。

 

他の雑誌でも翔くん 志村どうぶつ園に出たときに優しさとか温かさをより感じたって言ってるんだよね〜
 あれか?ポジティブキャンペーンなのか?10年くらいずっと?もう国民全体に伝わってるよ?

 

相葉さんは目に見えない才能を沢山持ってるから、こうやって周りの人が声に出して、残してくれた言葉たちが葉坦の宝物です。

いいぞ、もっとやれ。

 

JUGEMテーマ:ジャニーズ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:相葉雅紀

5×10全部みた

過去の記事で度々書いてるけど、私は2012年5月から2017年9月まで約5年のブランクがある。

就職したばかりであまりテレビを見る時間がないとか、会社で知り合った先輩と共通の趣味が発覚してそっちにかける時間とお金の比率が増えたとか色々理由はあるけど、家にいる時間に番組が放送してたら見るくらいのモチベーションで、VS嵐、Mステなんかは完全に間に合わないからハワイ特番だけ録画して見たかなっていう感じ。

で、これが問題なんですけど、2003年から12年分のCDとかDVDとか雑誌をほとんど従姉妹にあげちゃったんだよね。

2012年の年末、従姉妹の家に行く時に車に乗せてもらったら時計仕掛けのアンブレラがかかってて、あれ?嵐好きなん?って聞いたらニ ノが好きと。
従姉妹は1月にセンターを控えてたから、大学合格したら私の持ってる嵐グッズぜんぶあげるよ!と太っ腹な約束をして、彼女はあっさり大学に受かった。

私はもともと何に関しても身軽が好きで、ここ!って決めた場所に入りきらなくなったら優先順位が低い物を捨てるっていう生活スタイルなんだけど、あのときの潔さは我ながら半端ないと思う。

もちろん後悔してる。

ちなみに最近の記事読み返して気付いたんだけどCD、DVDどこまで買ったかの記述がバラバラで真剣に考えてみたところ、
シングル→多分step and go アルバム→Time  ツアーDVD→アラフェス2012ぽい。

彼女は現役の嵐オタで、アラフェス2012以降のツアーはちゃっかりお邪魔して見せてもらったしあげたDVDたちも見たくなったって言えば快く貸してくれるんだけどああいうのって突然見たくなるものでしょ?

ラジオで流れてきた全然違うアーティストの曲のワンフレーズが激似とか、このエピソードいつかのMCで話してたなとか、ツイッターで話題になってるとか。
そうなるとやっぱり手元に欲しい。
返してって言えば返してくれそうな気がしないでもないけど、いい大人だしそれはちょっとダサい。

そんな中、唯一手元にある5×10を実に7年ぶりくらいに見てみた。

まあ単純にこれだけは従姉妹も持ってたから残っただけなんだけど。
そして気付いた。自分がこのときの翔くんと同い年ということに。
ま、そんなことどうでもよくて(比べものにならない)
以下、時系列の感想です。長いよ。

いつ何回見てもHORIZONの相葉くんの味になるならOKがあざとかわいい。
アレルギーのお遊戯会レベルなダンスを楽しそうに踊る20代後半の男性(好き)
言葉より大切なものの男前カズさん。
そういえばEverythingの相葉くんのキーめっちゃ好き。
アオゾラペダルの翔くんのイントロのステップが大好き。
明日の記憶のサビ前の謎に色気ある幼少期雅紀
ARASHIの潤くんが1曲通してテンション高くて振り切ってて好き。
PIKA☆NCHIの最初の映画と同じ編集に愛を感じる。
しかしまあ相葉さんほんっっとカメラ見ないよね!
WISH踊り出す翔くん相葉くんと、のっかる潤くん大野くんと、にのにちょっかい出す相葉くんの一連の流れ完璧。
5×10名曲。
五里霧中も名曲。
あ、あれ?こんな雨降ってたっけ・・・?
相葉くんしゃべってみてのくだりが風っこタイム。
1回これくらいの大雨の野外ライブ行ったな〜たしかに超テンション上がったし忘れられない。
カチューシャ装着の相葉くんかわいい。
ヘッドスライディングの相葉くん、甲子園おめでとう・・・!
福岡でリーダーと相葉くん泣いた話このときだったか!!!
この頃はメンバーと一緒にお風呂入ってたんだな・・・
大阪たこ焼きこの頃からやってたんだな・・・
櫻葉の船シリーズ!!!
DOME TOUR DIGESTの相葉くんマイガール期か、ほっそい。
Believeは相葉くんの可動域確認曲。
翔くん相葉くんの話大好きだね。
名古屋の第一回インロック事件このときか!!
は!潤くんとラブラブマイガールここに!!!


と、いうことで5×10は現在も語り継がれるエピソード満載のツアーでした。

ところで相葉くんと翔くんだけソロのための中抜けとか中入りしてなくてずっといるんだよね。
まあ前の曲が抜けにくかっただけなんだろうけどHORIZONの相葉くん汗だくだから大変だなと思ったっていう。

いったん満足したところで私はare you happy?を買おうか悩んでます。
誰か140文字で買いたくなるプレゼンして。

余談ですが「相葉雅紀お仕事展望2018」で書いたグっとスポーツに来てほしいアスリート、室屋義秀さんが17日放送回に登場で、さらに相葉マナブに翔くんが登場だって!

めっちゃ嬉しい。

絶対関係ないって分かってるけど、言ってみるもんだなと思った。


JUGEMテーマ:ジャニーズ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:相葉雅紀



栄冠は君に輝く

 

 

つい想い出話が多くなりがちだからたまにはリアルタイムなこと書きたいなーと思ってたら新年度に合わせてたくさん新しいお仕事の話が飛び込んできてこれだ!と食いついて職場で書いてる(やめなさい)

とりあえず言いたいことはABC素晴らしい人選をありがとう。

甲子園関連でこんなにまとめて任せてくれるって甲子園への愛と何でもこなせる実力にかなり信頼してるのかな、なんて。
21人の輪はおいといて、いまの相葉さんの環境から考えたらナレーションだけってあんまりないと思うんだけど発表された関連番組の中にいくつかあったことからみてもこの起用って注目度アップは大きな目的じゃないと思わない? 

熱闘甲子園は30分番組だし、高校への取材で全国各地行ったりとかその日の試合をその日の夜に取り扱うところなんかは編集が大変だと思うけど製作費はあんまりかからなさそうだし期間中だけの放送だから視聴率うるさく言われないはず。

と、なると100回記念に何か特別なことしたいなーって考えた制作部の方たちが本当に甲子園を愛していて、球児たちの手本になるような大人で、幅広い視聴者から愛されて一緒に応援したくなるのはこの人だ!って選ばれたってことでしょ? 

めっちゃ嬉しくない? 

前回の記事に書いたけど不遇の時代(本人たちは否定するだろうけど)を経験しちゃってるから新しく仕事が決まるたびに忖度じゃないけど5人を平等にしたい事務所の方針かな、って感じてしまう失礼なタイプのオタクな私は増えたら増えたで叩かれないかちょっとビクビクするところもあったんだけど、もう違うんだよね。
こんなにたくさんの人がその能力と人気に頼ってるなんて、やっぱりまだ信じられない。 

グッスポにしろマナブにしろアスリートとか一般人との共演が多い理由って、相手を見てどれくらいの冗談は大丈夫なのか、掘り下げて聞いてもいいのか、笑いにしていい話なのか、見極める力がかなり高いって評価されてるってことだと思うから本当に気遣い屋なんだろうな。
相手が困るリアクションとかイジりを絶対しない。
タレントに対してならそれだと物足りないんだろうけどメディアに出る覚悟を持って生きてきたわけじゃない人たちには大切なことだよね。

バラエティでの気の利いた一言とかは昔から今でも断然翔くんが上手で頭の出来の違いを感じるし、誰の味方につくのかっていう判断が完璧で本当に尊敬するんだけど、相葉さんなんて今なら一瞬にしてネットで拡散されて炎上してるような失言も昔は多々あったのに人気が出てからも自分のいる場所で胡坐をかくことなく天狗になることなく他のメンバーに甘えることなく日々改善して成長してやりたかった仕事掴んでるのがすごい。

ちなみに個人的に高校野球とても好きなんだけど、熱闘甲子園のエンディングでほぼ毎年泣く。
今年のテーマソングは嵐だって信じてるよ私。
やっぱ男の闘いである甲子園には男性ボーカルが合うと思う。
 
社会人になってからは夏の甲子園に行くことも無くなってもっぱら会社のPCにスポーツナビ仕込んで仕事中に速報見る毎日だけど今年は有給とって行っちゃおうかなとか思ったり。

世の高校野球ファンのみなさん、相葉さんは本物だから!冷やかしゼロだから!安心して!(なんだそれ) 

ついでにエバラの新CMとかNHKの入社式にサプライズ出演とか昨日の櫻葉Qtube?とか、ほんとに相葉さん山ほど働いててひれ伏します。
明日は久しぶりのグッスポのレギュラー放送だ!うれしい!

ところで、今日ついったーで見かけた何かのTV誌で相葉さんが翔くんとご飯行ったらお土産くれるって話してた記事読んだんだけど絶対カットしないでください。


JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:相葉雅紀

JUGEMテーマ:ジャニーズ



葉担と名乗るのをためらった時代に

 

そもそも、嵐が好きだと胸を張って言えない時代があった。
性格とか環境とかで感覚は全く違うのかもしれないけど、私が沼に足を踏み入れた2003年はなんかそんな感じだった。

ちなみにこれは、人気無かった頃からずっと応援してるんだとか、支えてきたとかそんなことが言いたいんじゃなくて、嵐ってなんて応援する甲斐があるアイドルなんだろうって出戻りしたことでしみじみ感じたっていう話。

ジャニーズが好きだと公言するかしないかっていうのは多分誰でも1回は考えたことがあると思うんだけど、半年ほど前に出戻りした私は現状家族と昔から付き合いのある第1期ジャニオタ時代を知る友人にはやっぱ好きだわ!かっこいいわ!って言った。
突然グっスポとかしやがれとかVSとかマナブとか録画してまで見出したんだから家族はたぶんすぐ気付いたと思う。

社会人になってからの友人には音楽好きの延長線上でジャニーズの曲もまったく違うジャンルとして確立してて面白いよみたいなスタンスでuntitled買ったしライブ行きたいとも公言してて、なんなら徐々にハマってるなこいつくらいには思われてるかも。

そこで感じたのは、2018年現在、嵐を良いと思っていると言った時の周りの反応がだいたい「あー、私も嵐のライブとかちょっと行ってみたいなあ」って返ってくる衝撃

私が初めて嵐を目的にテレビを見て雑誌を買って3枚のCDを繰り返し聞いた2003年、身近にジャニーズが好きって人がいなかったから話題にすることもなかったんだけど、翌年にクラス替えで仲良くなった熱狂的KAT-TUNファンの子を起点に広がったジャニオタコミュニティ。
数人でドル誌を分担して買ってそれぞれの好きなグループのページを交換するっていう中学生らしい画期的なシステム(あれ?違法?)を生み出したんだけど嵐を好きなのは私だけだったからほとんどの雑誌を網羅できた反面、KAT-TUNが圧倒的に人気で個人ページ単位でやりとりしてたなぁとか思い出したり。


幸い私の周りには直球で嵐って人気あるの?とか、地味じゃんとか、心ないことを言う人はいなかったんだけど世間でどんなこと言われてるかはもちろん耳にしてた。
好きな芸能人聞かれて嵐って答えたら「そうなんだー!どこが好きなの?」って聞かれるのがほとんどで、たとえば勢いある後輩グループを挙げたら「いま人気あるよね!誰が好きなの?」って話に展開してるのを見たとき、まあ考えすぎかもしれないけど、嵐のどこに好きになる要素があるのか聞いてしまうくらい何も感じ取ってない人にどんな熱量で愛を語ればいいのか中学生の私にはわからなかった。

2005年に花より男子で一気に知名度が上がって、2006年にZEROと硫黄島があって、起爆剤がなかった大野さんと相葉さんがテレビとか含め二番手扱いされてるような気がしてしまった私は嵐の誰が好きなの?と聞かれたら5人みんな好き!って答えるようになったんだけど、いつだったか高校生の女の子がひったくり犯か何かを捕まえたってニュースになったとき、好きな芸能人は嵐の相葉くんです!って言ってたの聞いて、私もこうゆう時になったら胸を張って言おう!って心に誓ったよね。(まだ機会はない)

お小遣いでやりくりした中学生の頃も、バイトを始めてお金はあるけど見る時間がない状態だった高校生の頃も、私が思っていた『もっと仕事ください』は、世間に認めて欲しいっていうよりもっと色んな相葉さんが見たいっていう気持ちの方が強くて、そしてそれに応えるだけのポテンシャルがあるって信じたかった。

2009年にやっとドラマが決まったら今度は加減をしらなくて、とにかく一生懸命で、一つのことにがむしゃらで、今をどうするかで未来が決まるっていう考え方がまるでいつ壊れて消えてもいいっていう覚悟があるみたいに聞こえて、とにかく早くそんな無理しなくていいように安定した地位がほしいって思うようになったけど。

嵐に関しては貢いだんじゃなくて完全に投資だったといつでも思える、こんなに幸せなことはない。

ファン目線だけで言えば応援しただけ、お金かけただけ大きくなって、第1線でずっとやってるのに疲れたからちょっと休もうとか、嫌になって逃げたりとか、知らないだけであったのかもしれないけど、とりあえず騒ぎになるようなことは一切なくここまで18年毎年アルバム出してコンサートしてドラマ出て映画出てテレビ出てくれてることが、全然当たり前じゃないって思った。もはや二次元。


いつだって5人で仕事に誠実でいてくれるその強さこそが、嵐の人気の理由だなーと、しみじみ思うのでした。


JUGEMテーマ:ジャニーズ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:相葉雅紀


相葉雅紀は目指せない

 


前からずっと頭にあったこと。

嵐とは異次元の集まりである。

他のグループもそれぞれ違う個性があって絶妙なバランスで成り立っているんだろうけど、私が語れるのは嵐だけだから「推しすごい!!」的なことになっちゃうのはもうしょうがない。許して。

ちなみにここでいう異次元とはアイドル比であって、世界もしくは日本全体の中でどうとか言いたいわけじゃない。
 ただ基本的に有名人っていうのは実力があるから有名になったのに対して、はっきりと何をどれくらい持っているか分からない子供のうちに有
名になったのにそのまま全員が力を付けて成功しているっていう点でやっぱり異次元だよね。


まずリーダー大野さん。
この人は異次元に歌とダンスが上手い。
それだけに歌番組とかでちょっと適当に曖昧に踊ってる時の差が激しすぎてめちゃくちゃ目立つけど、たぶんそんなこと気付いてんのガン見してるファンだけだからそういうところも上手い。

私は実は大野さん歌唱力を全面に出す感じでソロパート歌うのあんまり好きじゃないんじゃないかなと思ってる。
自分で作詞作曲してないことも関係してそうなんだけど、大野さんが歌詞の意味を考えて感情込めて歌ってるのいまいちイメージできなくて、もっと感覚的なものでやってそう。
 技術にしても知識にしても習得するための努力はもちろんするけど根っからの天才肌なんだろうなって人。

 

続いて翔くん。
家柄と学歴が異次元。
同級生にほんの数人だけど大学から慶應行った人がいて、まあ確かに裕福なお家且つ勉強もよくできる友人なんだけど、そんな彼らが言うには幼稚舎からの人なんて人生ずっと勝ち組でしかないからとにかくとんでもないらしい。
確かに大学で外部と内部の学力を比べたら差はあるし、ある程度の成績キープしてたら小学校受験してそのまま大学行けちゃうのは間違いないんだけど幼稚舎からの人は学力とかどうでもいいくらいの人として輝きが違うんだって。
しかし4年で卒業したのは完全に努力と意地だよね。すごい。

ちなみに翔くんは事務所で多少の荒波を経験してるから当てはまらないかもしれないけど、ずっと慶應の人は人生に対して不安を抱えたことが無いから薄暗さのカケラもない底抜けに明るい人が多いらしい。
よく笑いよく食べる・・・あれ?いまの櫻井さんかな?


そして二宮さん。
演技力が異次元。
ただこれは本当に残念ですが、実は二宮さんの出てる映画とかドラマ、ほとんど見たことない。
なんっか分かんないけど興味そそられる作品に出てくれないんだよね!
ドラマとかちょっとだけ見てもういいやってなっちゃう。
5人の以外で唯一見たのが鉄コン筋クリートで、それも原作と蒼井優ちゃんが好きっていう理由に他ならないから私の言葉で演技力については語れないけど世間からの評価考えたらどう考えてもすごいのは間違いない。

個人的にはライブとかバラエティでの自分に似合うキャラとか仕草の使い分けが上手いし、ファンが何を欲しがってるかもよく分かってて見せ方と勘が半端じゃないと思う。
きっと自分にそんなに興味がある人じゃないから、冷静に状況把握してニーズに応じて演じてるんだよねきっと。
あざとかわいいにのちゃんと、男の色気だだ漏れな二宮さんと、ゲ ームオタクのカズさん(本体)


次に潤くん。
顔の整い方が異次元。
とにかくまあ顔が小さくて綺麗な顔立ちしてる。
たしかに好き嫌い分かれるかもしれないけど、感情ゼロのアンドロイドに比率とか黄金比がどうとかのデータで一番かっこいい人選ばせたら確実にこの人。か、翔くん。

ただ翔くんと大きく違うのがビジュアルキープ力で、もうはっきり言っちゃうけど翔くんはコンディションにかなりバラつきあるじゃん?もうどんな盲目
ファンでも認めちゃうじゃん?
それがいいとか悪いとかじゃなくてワーカホリックな彼が健康で幸せにいてくれるならもう十分なんだけど、潤くんは嵐の美坦当としていつもどんなときも完璧でいてくれるのが素晴らしい。
このタイプの男前って絶対に一般人にいなくない?、たとえ13歳で履歴書送ってなくても中学の間にスカウトされて芸能界入ってる顔立ちだと思う。

あと俳優としての運も実力も半端ない。
ごくせん、花より男子、99.9とかとか。ヒット作に出会えるのがすごい。


そして最後に相葉さん。
実家も、歌も、ダンスも、演技も、外見も、特化した趣味も(タッキーの火山みたいな)

そう、何にも異次元じゃないのがこの人。

あえて挙げるなら、人からの好かれ方が異次元としか言いようがない。

事務所内でレギュラー番組の数を比べたとき、一番多い人がグループで一番人気かっていうとそうでもない。

適材適所で例えばバラエティだったり情報番組だったり、ドラマだったり映画だったり、準備期間の有無もあるから人気と露出は必ずしも比例しないと私は思ってるんだけど、
レギュラー本数も、CM本数も、恋人にしたい男性有名人も、月9主演も、全部両立させてる人なんてどこにいるんだろうと思わない?

でもそんな人に見えなくない?

いそうでいないイケメンお兄さんの最高峰…!

モデル並みに背が高いわけじゃないのに、175cm前後って知り合いに数人いるのにバランスが全然違う。
目が大きいわけじゃないのに、彫が深いわけでもないのに、一般人とかけ離れてるわけじゃないのに、やっぱりいない。

明るくて気取ってなくて、運動できてたまにやんちゃして、ちょっと天然で優しくて、でも一生懸命頑張る努力家で、
少女マンガならヒロインに片想いしてる幼馴染で最終的に「絶対幸せになれよ」って笑って離れていくポジションの、私が主人公ならこっちにするわっていうタイプがまさに相葉さんだとしか思えない。 


ファンというほどではないけど、あー、相葉くんだ!好き好き〜くらいの人がめちゃくちゃ多そう。 

無理なくナチュラルにシンプルにかっこよく成長した感がすごい。

そしてそれは決して目指してなれるものではないっていうのがポイント。
相葉くんに憧れてます!ってなったところで、ああなるには性格変えるしかないんだよね。
コソ練も何かを見て勉強することも一切できなくて、
ただただ持って生まれた優しさと積み重ねた気遣いの上で成り立ってる、というところが異次元。


そんな5人で構成された嵐はやっぱりスーパーアイドルです。
今日のVS嵐も面白かったね。

JUGEMテーマ:ジャニーズ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:相葉雅紀